NuNet(ニューネット)の概要とNTXトークンのエアドロップについて

4 weeks ago    186 views
Telegram LinkedIn
Join us in creating a new level of authenticity in document verification.

NuNet(ニューネット)の概要

NuNetは、分散型コンピューティングのグローバルエコノミーです。2017年から運営されているSingularityNETのスピンオフで、2018年の初頭に「SingularityNET X-Lab」の支援プログラムを通じて、SL2プロジェクトとしてインキュベートされました。 NuNetは、個人および商用所有のデバイスの潜在的なコンピューティングリソースを接続する相互運用性とトランザクションレイヤーを提供する為のフレームワークを作成する事を目的としています。技術開発と初期のユースケースは、SingularityNETの分散型AIエージェントの計算インフラストラクチャのサポートです。 パブリックα版は、TGE(Token Generation Even)の数ヵ月後に最初にEthereumでリリースされます。

NuNetは、モバイルコンシューマーデバイス、エッジコンピューティング、IoTデバイス、PC、サーバー、データセンターなどを包括する多目的ネットワークです。 プラットフォームは、データやコンピューティングリソースの所有者と、それらを必要とする計算プロセスを結びつける相互運用性のレイヤーを提供します。

このプラットフォームは、すべてのコンポーネント間のシームレスな相互運用を可能にし、ワークフロー設計の自動化を実現します。さらに、既存の分散型コンピューティングやストレージのフレームワークを真にグローバルなメタネットワークに統合し、世界のコンピューティングリソースをより多様に利用する事を可能にします。

NuNetがターゲットとする巨大な成長市場

Canalys社が2021年10月に発表したレポートによると、世界的なクラウドサービスの市場規模は494億ドル(約5兆6,300億円)で、マーケットシェアはAmazonだけで32%、Microsoftが21%、Googleが8%になっています。これらの企業が業界を支配しているのは、規模の経済を実現する事で安価かつ柔軟にサービスを提供出来るからです。NuNetは、このような既存の中央集権的なクラウドインフラからエンドユーザーのデバイスに置き換えるのではなく、誰もがクラウドプロバイダーになれる門戸を開きます。

NuNetでは、誰でもコンピューティングリソースを持っている人は、NuNetのAPIやアダプターを使って、計算ワークフローを実行したい人に自分のリソースを提供出来ます。この市場は、現在のクラウド市場よりもオープンかつ中央集権的な巨大企業によるロックダウンが少ないマーケットになります。

NuNetの3つの構成要素

NuNetは、次の3つの要素で構成されています。

  • トークノミックインセンティブ:インフラの最も重要な部分。NTXトークンに基づくトケノミックシステムにより、計算資源が活発に交換される多面的な市場を育成する。アルゴリズムが自分自身を実行する為に必要な計算能力に対して対価を支払うだけでなく、実行結果を他のアルゴリズム、デバイス、ビジネス、または直接ユーザーに販売する事が可能になります。
  • アダプター:NuNetに搭載された各デバイス上で動作する軽量な実行ファイルで、各デバイスをプラットフォームのコントロールプレーンとデータプレーンに接続します。アダプターは、ホストデバイスで利用可能な計算リソースの測定、リアルタイムでのパフォーマンスの追跡、ネットワーク上の他のマシンとの通信の確立など、デバイスをNuNetに統合する為に必要な機能を実行します。
  • API(API of APIs):アダプターがプラットフォームやデータプレーン、コントロールプレーン上の他のマシンと対話する為に使用する共通言語で、プラグイン可能でオープンかつ発展的なAPIのオープンエンドなコレクション。すべての機器はNuNetのアダプターを実行しますが、ネットワーク上の役割に応じて異なるAPIを使用します。

分散型コンピューティングのグローバルエコノミー

各デバイスにインストールされたNuNetアダプターとそれらを調整するエージェントによって計算ワークフローが実現される

NuNetの使命は、世界中のすべてのコンピューティングリソースとデータ(携帯電話、個人および企業のPC、IoTデバイス、大規模なクラウドインフラ)をグローバルなコンピューティングフレームワークに接続する事を可能にする相互運用性レイヤーを開発する事です。目標は、このグローバルな相互運用性を持つプロトコルを、人類が必要とするほとんどの計算集約型タスクを実行し、世界中のデバイスに散らばってデータサイロに閉じ込められている膨大な量のスタティックデータやストリーミングデータを統合出来るほど強力なものにする事です。

NuNetの目標は、複雑な計算システムの設計と運用に、自己組織化というボトムアップの要素を導入する事です。オープンソースのソフトウェアやハードウェア、暗号技術、ブロックチェーン、マイクロペイメントシステムなどの新しい技術開発により、現実的で実行可能な方法でこの目標に近づく事が出来ます。

NuNetのAPI of APIは、世界のコンピュータのバックボーンとなり、誰もが、ストレージ、計算能力、アルゴリズム、コード、データ、人間の創造性、機械の知性の価値を大規模に共有し、収益化し、利用する事が出来るようになります。

ホワイトペーパー

以下、NuNetのホワイトペーパーになります。

NuNetの提携パートナーとフレームワーク

NuNetは、API of APIsによって様々なデバイス、コンピューティングフレームワーク、データ共有プロトコルの技術的統合を実現します。 NuNetによるグローバルな計算フレームワークを想像してみてください。各デバイスは自分自身でどのようなアルゴリズムを実行するかを決める事が出来、それらのアルゴリズムを実行する為に使用した計算資源に対して、異なる金額の暗号通貨またはそれに相当するフィアットを課金する事が出来ます。さらに各デバイスは、いつ、誰と、どの程度までデータを共有するかを選択する事が出来、他のデバイスからデータを購入またはレンタルする事も可能になります。

NuNetはAPI of APIsとメタマーケットプレイスによって、このようなハードウェアデバイスと計算プロセスの社会と経済を実現しようとしています。多くの種類のデバイスとその所有者は、相互運用してこの計算プロセスの社会に参加する事が出来ます。さらに、物理的なデバイスだけでなく、アルゴリズムを調達する為のSingularityNET、計算資源のGolemやiExec、ストレージ資源のTardigradeやFilecoinといった、物理的なデバイスを既に抽象化している既存のコンピューティングフレームワークにもAPIを提供します。

最も重要な事は、このデバイスの経済性が、ネイティブなNTXトークンに基づくトケノミックシステムによって実現される事です。これにより、アルゴリズムが自分自身を実行する為に必要な計算能力に対して対価を支払うだけでなく、実行結果を他のアルゴリズム、デバイス、ビジネス、または直接ユーザーに販売する事が可能になります。

NuNetのフレームワーク

NuNetは、1)データ・計算・AIサービスの提供者、2)データ・計算の利用者、3)ネットワーク運用エージェントの3タイプの参加者の相互作用を自主規制します。

  1. コンピューティングリソースの所有者(家庭やオフィスのPCやノートPC、IoTやモバイルデバイスなど)が、自分の専門的な能力を表現・公開し、多様なエコシステムの中でそれを必要とするプロセスに提供する。
  2. ストレージ・リソースの所有者は、自分のストレージ・リソースの能力を表明・公開し、データ所有者の好みに応じて無償またはトークンと交換で提供します。
  3. 計算プロセスの所有者は、自分の専門的な計算やデータの要件を表明・公開し、リソースやノウハウに入札するとともに、自らの機能性や能力をエコシステム全体で提供・スポット販売します。
  4. データ所有者は、自分のデータの説明、アクセス制限、プライバシーの考慮事項を公開し、プロセスが既存のデータを利用し、その改良と成長に貢献出来るようにします。
  5. 各参加者は、ネットワークが彼らのリソースの使用をどのように導くべきかについて自分の好みを表明する事が出来、また各リソースの使用に対して変換可能な暗号トークンを請求する事が出来ます。
  6. 各参加者は、フレームワークを通じて提供されるリソースの無料または有料の利用を入札し、NTXトークンを使って支払う事が出来ます。
将来的なパートナー候補

NuNetはマルチサイドマーケットプレイスであり、他の様々な分散型プラットフォームを意識して形成されています。当面は、SingularityNETやDecentralized AI Alliance(DAIA)のメンバーと密接な関係を持ちながら開発を進めて行く予定です。以下は、将来的にNuNetのフレームワークに組み込まれる事が予想されるプラットフォームの一部になります。

  1. Golem: コンピューティングパワーの分散型マーケットプレイス
  2. Ocean Protocol:トークン化されたサービス層を備えたデータ経済と関連サービスの為のエコシステム
  3. iExec: ブロックチェーンベースの仮想クラウドコンピューティングとデータ貸し出しのフレームワーク
  4. Enigma:ウェブをより速く、より安全に、よりオープンにする為のP2Pハイパーメディア・プロトコル
  5. Filecoin:世界中の誰もがストレージプロバイダーとして参加出来る散型ストレージマーケット
  6. Storj Labs:分散型クラウドストレージ

Tokenomics(トークノミクス)

NuNetのNTXトークンはマルチチェーン展開されるように設計されおり、ユーティリティトークンとして計算ワークフロー、マイクロペイメント、アカウンティングを決済する為に利用されます。当初はEthereumとCardanoの2つのブロックチェーンを対象としていますが、将来的には複数の分散型コンピューティング及びデータプロビジョニングプラットフォームを含む予定です。

このプラットフォームにはSingularityNETのAGIXとNTXを交換する為のゲートウェイが含まれており、ユーザーはNTXトークンを使ってコンピューティングリソースの代金を支払い、使用されたNTXはAIサービスを利用する為に自動的にAGIXに変換されます。

NuNetはDeFiプラットフォームであるSingularityDAOと戦略的パートナーシップを結んでいます。SingularityDAOは、NuNetのトークンローンチの支援や流動性を提供するだけでなく、NuNetの計算力を利用する重要な初期顧客になります。

NTXトークンの配布構成
コミュニティ報酬にはAGIX保有者へのエアドロップやAGIX,SDAO,NTXのステーキングやファーミング報酬が含まれる

NuNetのNTXトークンの総発行数は1,000,000,000 NTXです。最初にEthereumで631,250,000 NTX-ETH(63.125%)、Cardanoで368,750,000 NTX-ADA(36.875%)が発行されます。NTX-ETHとNTX-ADAトークンは1:1の比率で交換可能です。AGIXコニュニティーには、総発行数の5%以上がエアドロップされます。

最初にトークンは次の3つのラウンドで配布されます。

  1. シード及びプライベートラウンド:長期的なパートナーでありNuNetの開発に価値をもたらす機関投資家に配布
  2. コミュニティラウンド:SingularityNETのエコシステムのトークン(AGIX及びSDAO)の所有者に配布
  3. パブリックラウンド:2つのLaunchPadのIDOとDEXへのトークンリストを介して配布

トークンのローンチ時には、総発行数の30%にあたる300,000,000 NTXが割り当てられ、最初にその内の75,000,000 NTX(7.5%)が市場で流通します。トークンの配布は、プライベートとコミュニティランドの0.02ドルから始まり、LaunchpoolとOccamのIDOで0.03ドル、最終的にDEXで0.04ドルで取引される計画です。

2021年11月17日にSingularityDAOにてローンチパッドが行われ、ここではEthereumベースのトークンのみが配布されます。このコミュニティラウンドの参加者には、総発行数の10%が割り当てられ、プライベートラウンドで提供されている同じレートと権利確定構造が適用されます。KYCに合格したAGIXもしくはSDAOを保有する適格参加者は、1USDTあたり50NTXのレートで寄付をする代わりにトークンを受け取る事が出来ます。このNTXトークンは11月26日の13:00 UTCから請求出来るようになります。

その他の内訳に関しては、コミュニティ報酬に9.00%、後援者が6.00%、チーム&アドバイザーに16.25%%、研究開発準備金として21.00%が分配されます。基本的にNTXのアロケーションには、スマートコントラクトによる権利確定構造が導入されています。以下、トークンの配布構成とリリーススケジュールになります。

アロケーション割合総供給NTX-ETHNTX-ADA初期配布権利確定の時期
マイニング報酬15.25%152,500,0007.63%7.63%6ヶ月間ロック後
60ヶ月間で放出
シードラウンド2.60%26,000,0002.60%0.26%残りは
12ヶ月で均等放出
プライベートラウンド14.40%144,000,00014.40%1.44%残りは
12ヶ月で均等放出
コミュニティラウンド
(SingularityDAO)
10.00%100,000,00010.00%1.00%残りは
12ヶ月で均等放出
ローンチパッド
(LaunchpoolとOccam)
2.00%20,000,0002.00%1.00%残りは
2ヶ月で均等放出
パブリックラウンド
(DEX)
3.50%35,000,0003.50%3.50%
コミュニティ報酬9.00%90,000,0009.00%TGEの1~3ヶ月後
最大12ヶ月間
後援者6.00%60,000,0003.50%2.50%0.3%残りは
20ヶ月で均等放出
チーム&アドバイザー16.25%162,500,00016.25%3か月間ロック後
24ヶ月間で均等放出
研究開発準備金21.00%210,000,00010.50%10.50%1か月間ロック後
36ヶ月間で均等放出
Total100.00%1,000,000,00063.13%36.88%7.50%

<随時情報は追加します>

暗号通貨革命では、カルダノステークプール(ティッカー:OBS)を運営すると共に、皆様に役立つ有益な情報を無償で提供して行きます。ADAステーキングを通しての長期的なメディア&プール支援のご協力の程、何卒よろしくお願い致します。

Verlux is Building The Biggest Cross-Chain NFT Marketplace On The Cardano Blockchain - Join Seed Sale
AFRIXX - An African generative NFT project


BUY AFRIXX NFT - An African generative NFT project
The first NFT project to combine art and history, aiming to expand the knowledge of Africans and their history. BUY NFT NOW - https://afrixx.io/buy
Read the article in Ouroboros
A decentralized Bison meme coin on cardano network
ADACASH - Earn passive income.