ADA Payプラグイン「WordPress」など8つのプラットフォームで利用可能に

Bittimes 1 month ago Report
Telegram LinkedIn

カルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)で支払いを行うことができる決済ソリューション「ADA Pay」などを展開している「COTI(コティ)」は2022年5月2日に、ADA Payのプラグインが「Wordpress・WooCommerce・Joomla」などを含めた8つのオンラインショッピングプラットフォームで利用可能になったことを発表しました。

こちらから読む:GUCCI、一部店舗で仮想通貨決済対応へ「暗号資産」関連ニュース

Wordpress・WooCommerce・Joomlaなどに対応

カルダノ・エイダコイン(Cardano/ADA)で支払いを行うことができる決済ソリューション「ADA Pay」などを展開している「COTI(コティ)」は2022年5月2日に、ADA Payのプラグインが「Wordpress・WooCommerce・Joomla」などを含めた8つのオンラインショッピングプラットフォームで利用可能になったことを発表しました。

COTIの報告によると、今回の取り組みはカルダノの資金提供先を決める「Project Catalyst challenge」で資金提供を受けた「Carl Henry Globalチーム」との協力によるものであるとされており、現在は「6つの決済ゲートウェイ」と「4つのスペシャリスト・プラグイン(寄付と購入ボタン)」が稼働し、実装できるようになっていると報告されています。

Wordpress・WooCommerce・JoomlaなどでADA決済を導入したい商人は、ADA Payに商人としてサインアップし、APIキーを受け取って、プラグインを追加することでADA Payを簡単に導入することができるとのことで、Carl Henry Globalチームは数百の取引テストを成功させているとも報告されています。

COTIは公式発表の中で『ADA Payゲートウェイソリューションは、ADAを大衆に普及させるために必要な最初のステップの一つである』と述べており、『Cardanoブロックチェーン上に構築された企業向けのADA決済システムは、加盟店が即時決済でADA決済を受け入れることを可能にする』と説明しています。

ADA Pay(エイダペイ)は以前から一部サービスなどで実際に活用されており、昨年以降は子どもたちのための民間国際援助団体(NGO)である「Save the Children」との協力を通じて、ルワンダ共和国の子どもたちの教育・健康・保護などの支援活動を行っている「Kumwe Hub」にADAで寄付を行う際の手段としても活用されています。

>>「COTI」の公式発表はこちら
>>「ADA Payプラグイン」はこちら

ADAを取り扱っている暗号資産取引所Huobi Japanの新規登録はこちらからどうぞ。

Huobi Japanの画像 Huobi Japanの登録ページはこちら

Original Source: https://bittimes.net/news/125439.html

Disclaimer: Cardano Feed is a Decentralized News Aggregator that enables journalists, influencers, editors, publishers, websites and community members to share news about the Cardano Ecosystem. User must always do their own research and none of those articles are financial advices. The content is for informational purposes only and does not necessarily reflect our opinion.

Join Our Weekly Newsletter of Cardano

Your weekly dose of Cardano news straight to your inbox!
GADA Finance is launching its Initial Stake Pool Offering (ISPO) Starting on June 29, 2022
Being the first permissionless and community-governed launchpad on Cardano, we intend to raise funds through a public ISPO which will enhance the Cardano ecosystem. CLICK HERE!
READ THE ORIGINAL ARTICLE ON >> Bittimes